スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sharpie

ストラップを作るときは、リボン結びで仕上げることが
多いと思います

モロカイやストレスなど、リボンの本数が多いデザインだと
後からほどけてきてしまって悲しい気持ちになることも・・・。
手芸用ボンドを付けてぎゅっと結ぶ方法や、ひと針縫い止める
方法で防ぐことが出来ます私は、縫い止める事が多いです。

その時に、リボン結びの中心に糸が少~し出てしまうと
気になりますよね。

こんな感じ・・・
IMGP2869.jpg

ハワイでキャロル先生のレッスンに伺った時に、
何か良い方法がないか、お尋ねしてみました。

キャロル先生は「Sharpieで隠せば大丈夫よ」とおっしゃって
少し見えていた糸を、なんとリボンと同色のマーカーで
塗り塗り~。見事に目立たなくなりました。
Sharpieはドラッグストアやスーパーマーケットなど
どこでも買うことが出来るし、色落ちや色移りしないので
とっても良いとのこと。
合理的でダイナミックな解決策に、アメリカ的~
目からうろこが落ちた気分でした。

IMGP2850.jpg

さっそくキャロル先生のレッスンからの帰り道に、ちょっと
遠回りしてハワイカイのコストコで24色セットを購入しました。



スポンサーサイト

テーマ : リボンレイ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hale lokelani

Author:hale lokelani
E Komo Mai!

ようこそ、「うみかぜDiary」へ



ハワイアンリボンレイ

インストラクター&デザイナー

'Ka Mehana O Kala'です。



ハワイ州ホノルルMoanaKoaにて

サティフィケートを取得。

公認インストラクターとして

横浜および神奈川県内にて

活動しております。





お問合せは

こちら">まで
お願いいたします。



Mahalo!









最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。